フォトギャラリー
主なリンク
  • پورتال امام خمینی
  • دفتر مقام معظم رهبری
  • ریاست جمهوری
  • معاونت امور مجلس
  • نقشه جامع علمی کشور
  • Ministry of Science, Research and Technology
  • صندوق احیا و بهره برداری از بناهای تاریخی و فرهنگی کشور
フィードバック
News > セミナー「イランの健康市場:医療機器と医薬品」が開催されました


  プリント        友達への送付

セミナー「イランの健康市場:医療機器と医薬品」が開催されました

819日(水)、在京イラン・イスラム共和国大使館にて、同大使館と海外医療機器技術協力会(OMETA)との共催で、イランの医療機器と医薬品マーケットに関するセミナーが開催され、山際大志郎経済産業副大臣、レザ・ナザルアハリ駐日イラン大使、ホセイン・サファヴィ・イラン保健医療省医療機器局長、松本謙一海外医療機器技術協力会会長(OMETA)等がスピーチを行いました。

山際経済産業副大臣は、イラン国内の医療機器と医薬品マーケットの大きさと高い潜在力に触れ、日本がイランとの貿易促進に関心があることから、日本とイランは、重要な貿易パートナーとなることができる、と述べました。副大臣はまた、安倍政権において、保健医療は、経済成長戦略の重要な柱であると強調し、同政権は、保健医療の分野の貿易を全面的にサポートする、と語りました。

レザ・ナザルアハリ駐日イラン・イスラム共和国大使は、本年2月にイランより、ハーシェミー・保健・医療・医科教育大臣が日本国政府の招聘により来日したこと、5月にテヘランにて開催された国際見本市「イラン・ヘルス」に、JETROの協力のもと、日本の企業が出展したこと等に言及し、これらの出来事は、日本の民間セクターがイランの市場に参入する上でのよい流れであると評価しました。駐日大使はまた、ドイツ、フランス、イタリア、インドなどの国々が経済政治上級代表団をイランへ派遣し、商談を行っていることに触れ、諸外国のライバル企業がイランマーケットを占拠する前に、スピード感をもって、ビジネスチャンスを生かすことを、日本側に期待しました。

ナザルアハリ大使はさらに、イランの原子力平和利用をめぐる歴史的な最終合意と包括的共同行動計画について詳細に説明し、経済・金融、銀行決済・送金、産業、エネルギー、貿易、保険、輸送、技術、そして医療機器や医薬品等の分野における対イラン制裁が合意の履行開始から数ヶ月以内に一度にかつ全面的に解除されることを強調しました。

サファヴィ・イラン保健医療省医療機器局長は、イラン国内の医療マーケットの現状を説明し、いくつかの医療機器が国内生産され、さらには海外へ輸出する能力を備えていることを語りました。局長はまた、日本製の医療機器のイラン輸出、登録の際の法規制や手続きについて説明を行いました。

セミナーの第2部では、松澤建民間外交推進協会(FEC)理事長、矢野OMETA事務局長等が講演を行いました。

セミナーには、医療機器や医薬品メーカー各社の幹部、厚生労働省、JICAの担当官など、100名を超える関係者が参加しました。




 

 


10:00 - 25/08/2015    /    番号 : 355205    /    掲載回数 : 1761



閉じる




外務省、
イランのイラン共和国、
全著作権所有