ギャラリー
役に立つリンク
  • پورتال امام خمینی
  • دفتر مقام معظم رهبری
  • ریاست جمهوری
  • معاونت امور مجلس
  • نقشه جامع علمی کشور
  • Ministry of Science, Research and Technology
  • صندوق احیا و بهره برداری از بناهای تاریخی و فرهنگی کشور
フィードバック
News > イラン・日本首脳会談


  プリント        友達への送付

イラン・日本首脳会談

2017年9月19日、ニューヨーク・国連総会の場で、ハッサン・ローハニ・イラン・イスラム共和国大統領は、安倍晋三・日本国総理大臣と会談を行いました。
会談では、ローハニ大統領が、両国の協力関係拡大を歓迎する、日本は、イラン国内の、石油・ガス、石油化学、港湾開発・整備等の様々な分野に進出し、活動することができる、と述べました。
大統領はまた、イラン南部の港湾、特にチャーバハール港の開発は、両国の関係拡大、さらには地域全体の発展に、重要で有益な役割を果たすとした上で、日本の投資家や民間セクターは、同港の開発や鉄道網事業に、投資をすることができる、と強調しました。
大統領は、核合意は、国際的に重要な合意であるとし、核協議当事国の7カ国の努力により、合意成立、そして履行段階に入っている今日、一国が独断的に、合意を破棄することを許してはならない、と述べました。
安倍総理大臣は、日本国政府は、あらゆる関心分野において、両国の協力関係を推進したい旨、また、政府としても、イランでの日本企業の活動を支援していく旨を述べました。安倍総理大臣はまた、将来適切な時期にイランを訪問したい旨を述べました。
安倍総理大臣は、日本が核合意を支持していることを再度強調し、語りました:「イランは中東地域の要の国である、全ての当事国が核合意を遵守することが重要である。」


04:15 - 02/10/2017    /    番号 : 477342    /    掲載回数 : 82



閉じる




外務省、
イランのイラン共和国、
全著作権所有